5月の催事の報告です☺

| コメント(0)
   こんにちはみなさん!^^いつもブログを担当しています、O・ケンスケです。
   もはや、6月。暖かいどころか、もう暑い日が続いています! ゞ

 さて今回は、先日行ないました、夏きもの・古代染織美術館。店内の様子を
 ちょこっと拝見、というテーマで写真を紹介していきたいと思いまーす(0_0)

011.JPG
手作りの看板です。タイトルは、洒落(しゃれ)物語り。

012.JPG
           店内は夏物の小物で涼しげな感じを表現しています。扇子や日傘、
           タオルやハンカチ。  お客様も、「なに買おうかしら」(*^^


014.JPG
015.JPG
メインは、自然の植物、木、草を入手して染料を抽出し、手作業で染める技法、それを古代染(こだいぞめ)といいます。染めはすべて手で行なうため、1つの反物が出来上がるまで、少ないもので15回、多いもので40回以上も重ね染めを
行なうそうです ; ; ; かなり手が込んでいるんですって ^^ゞ


007.JPG
          雑貨ものも豊富で、ガラスの器も夏ならではの商品です
      ガラスのおちょこなら、冷酒で頂くもよし! く~っといっぱい(*^_^*)
      ガラスのそばちょこでおそばをすするもよし! 風鈴を聞きながら頂くのは至福!
      この夏、家庭の食事には欠かせない存在になる、かも

 夏の店内は夏物一色でお客様に提供致しています、曙サカブン呉服館。
 6月からは、もう浴衣の季節(_ _)  
 来月になれば、お祭りも始まりますね^o^

気になっている夏物のアイテムがあれば、どうぞ、呉服館にお越しくださいー (^_-)

018.JPG



コメントする