2018年2月アーカイブ

みなさんこんにちわ!^^! 毎度おなじみ、呉服館(クレハかん)ブログ担当の、
オノデラKです!暖かい日だったり、寒い日だったり、という日もありますが、
立春も過ぎ、今年もはや、
3月* * *。3月といえば桃の節句、3日はひな祭り!

お内裏様お雛様、季節のお飾りで雰囲気を味わおう(今年で)パート2をご紹介
します(_ _) 今回は、雛人形のちょっとした由来と共に、ブログを紹介しますv

022.JPG
今から遡ること、平安時代のお話し。紙で人形(ひとがた)を作り、人形に厄を移して川に流す、流し雛(ながしびな)が誕生しました。
親は、「わが子が無事に成人するまで健康でいられますように」と祈りを込めて、
厄払いをしたのです。

014.JPG
同じくして、貴族の女の子たちの間で、雛遊び(ひいなあそび)が流行しました。紙で作った人形を、御殿の中で遊ばせるものだそうです。雛には、「大きなものをちいさくする、かわいらしいもの」という意味があります。

016.JPG
厄払いと雛遊びが合体してできたのが、今の雛人形ですが、雛人形が宮中の結婚式を模した形になったのは、天皇、天后のような幸せな結婚ができますようにと、願いを込められて作られたそうです。

019.JPG
そんな雛人形に込める思いはいつの世も、子供の健康と将来の幸せ、よき結婚や、家庭円満という願いを込めて、今日も雛人形は作られています。

お雛様はいつも、あなたの幸せを願って見守っている、福を呼ぶお人形なんですね

012.JPG
以上、今回は、お雛様に関する小物のブログを、雛が生まれた物語とともに紹介していきました。

いろんな作成方法(和紙・扇子・ちりめんetc)によって、飾って楽しめる、
曙サカブン呉服館の、雛人形シリーズを紹介していきました(^^)v

桜の季節はまだ先ですが、早春の和みを味わってみてはいかがでしょう





こんにちわ(^^)
毎度、曙サカブン呉服館(クレハかん)、ブログ作成担当の、オノデラですー☺
先月ホームページに挙げました、豆まき大会0 0 0 、大変好評を頂き、
満員御礼で幕を閉じることができましたー!
ご参加いただいた皆様、ありがとうございましたーm(_ _)m

今回は、盛り上がりました豆まき大会の現場を、ブログで紹介していきまーす☆

036.JPG
033.JPG
タイトルは、豆まき大会開催!
台にいる鬼に豆を投げて倒す、簡単なゲームでした(^^)

キッズからシルバー、幅広い年齢の方々に楽しんでもらいました今回の
企画v。みんな倒すのに、苦労した方も多かったようで~(^^ゞ
でも、なかなか簡単に倒れないのも、ゲームの楽しみ方の1つなんです!

002.JPG
 まずはキッズの挑戦から! 、、、じーっと狙いを定めて、、、

004.JPG
              「鬼はそとー! それー!」

026.JPG
 こちらのお子様も、鬼に向かって豆を投げるのに、集中しています<(`^´)>

030.JPG
 かわいい姉妹が見守る中、豆まきを心から楽しめた様子でした(#^.^#)

010.JPG
また、シニアの挑戦も盛り上がりました!☝ 「福はうち!」

022.JPG
013.JPG
        「全部倒しちゃったー * *」  「やったー!」


的をめがけて当たりやすいように、豆をまとめてつかんで投げた方も!
一粒一粒、的を絞って投げた方も!
それぞれ、楽しみ方を工夫された方も多かったみたいです)^o^(

呉服館では、今回のようなゲーム企画をお客さまによろこんで頂くため、
これからも開催していきまーす!

季節の変わり目に出す店内の賞品も、魅力の一つなので、
みなさま、お気軽に来店くださいー(^J^)